エンジンからカラカラ異音が

雑記

先日、車を運転中にカラカラと異音が聞こえてきました。

よく耳を澄まして聞くと、エンジン部分から小石が振動で飛び跳ねているような
カラカラとした音が聞こえてきます。

とは言え、走行中ですのでどうすることもできず次の信号で停車。
そのまま発信するとカラカラした異音が聞こえなくなりました。

気のせいか、と思いそのまま走行しているとまたカラカラとした異音が発生。

気になる。。。

でも、異音がする時としない時があるのであまり気にせず様子を見ることに。

それから1週間ほど経過してもやはり小石が振動するようなカラカラ音は収まらず、
運転に支障が出る前にとダイハツで見てもらうことに。

ダイハツのお店に入って状況を説明すると、新型コロナウイルスの影響で時短営業をしている為、本日は予約がいっぱいとのことで5日後に予約を入れそのまま帰宅。

次の日、ガソリンを入れにガソリンスタンドへ行った際、店員さんから

「空気圧、オイルの点検はいかがですか?」

との声が。

普段はお断りしているのですが、その日は何気なく点検を依頼した。

すると、

エンジンオイルがほぼ入っていない状況とのこと!?

見せて貰うと確かにエンジンオイルをチェックする棒にほとんどオイルが付いていない。

エンジンオイルがほぼ入っていない。カラカラの異音。

もしかすると。。。

店員さんに聞いてみた。
エンジンオイルが入ってないとエンジンから異音がすることがありますか?と。

そういうケースもあるとの回答。

ですよね。。。

この後、店員さんにエンジンオイルを入れて貰ったことは言うまでもない。

結果、エンジンからカラカラと異音がする原因は

「エンジンオイルが入っていなかった。」

ということでした。

ですので、車から異音がするなど違和感を感じた時はすぐディーラーで、
時と場合によってはガソリンスタンドでも見ていただけることもあるので、
車の状態を見ていただくことを強く勧めます。

今回の件もこのまま放置していたらエンジンが焼け付く可能性があったとのことなので
想像するだけでも怖いです。

また、エンジンオイルは最低でも半年ごとにチェックし、補充、入れ替えして
エンジンを正常な状態に保ち安全運転を心がけたいところです。

コメント